あ。
 忘れないうちに、ひとつ反省をしておこう。


 彫刻の森
 帰り際にカップルに呼び止められた。
 イケメンさんとのデートで、テンションの華やいだ女の子である。
「写真とってくださ〜い」
 あたしゃデジカメを持たない。
 押し付けられたケータイも部屋に置きっぱなしで、あろうことかカメラ機能がこわれてる。
 ようするに、まったく撮り慣れていない。
「景色をバックに。ここ押すだけなんで」
 へい。
 うけたまわって、かまえてはみたものの、ためらった。
 こういうときどういう掛声をするんですか。
 いまでもやっぱ「はい、チーズ」なんですか。
 そこはひとつおっさんらしくボケといたほうがいいのですか。
 まよねーず、とか。
 けちゃっぷ、とか。
 ちーかま、とか。
 

 ともかく、ベタに「チーズ」では一周回ってかえってボケになってしまうかもしれん。
 そんなこんなでためらいつつ、同時に、もたもたしてるのもまたダサいと。
 なにより、かったるそうに立っているイケメン氏に、そしてそこではしゃいでいるカノジョはんに、わるい。
 ええい、ままよと「チーズ」式でシャッターを切った。
 切ってしまってから、あ。
「ありがとうごさいま〜す」
 カノジョはんが頭をさげながら駆け寄ってくる。
 デジカメというのは、その出来具合がその場で確認できるのですな。
 当然ですが。
 手の中のデジカメのモニターに、残っている。
 景色を背景に、とチーズ云々で頭がいっぱいだったもんで、すまん。足が切れていた。
 やば。
 うしろめたいので、
「これでいいすか」
 と、示したのだが。カノジョはんは、イケメン氏がせっかちにも先に行きかけているので、
「いいです、いいです」
 と。
 確認もせずにカメラを受けて走り去った。
 

 ううむ、
 こっちもそそくさとそこを後にしたのであるが、どうなんでしょ。
 やっぱ全身が入っていたほうがいいよね。
 どうでもいい?
 気にしすぎ?
 うん、
 でも、すっきりしなかったのよ。




 一応、反省。


 ☾☀闇生☆☽