追記。
 彫刻の森のオブジェ。
 あたしが見て回った範疇では、
 『音』を意識したものがなかった。
 せっかくのあの贅沢な空間だ。
 共鳴や、反射を活かした表現をしない手はない。
 客の参加のしどこでもあるしね。そういうアトラクションぽいのは。
 

 子供の発想を、大人の技術で。
 それが芸だと。
 たしか松本人志がそう言っていた。
 至極ありきたりな論である。
 正論だ。
 それを芸『術』と呼ぼうが、芸『能』と呼ぼうが。
 


 バカバカしさも、突き抜ければ、人を圧倒できる。
 感動をよぶのだ。



 ☾☀闇生☆☽