勇者がゆく。

Twilightzone/吉田美奈子


 胸のすくような豪雨。屋根をうつ、夜半。
 その勢いが強弱をつけるたびに、何度も目が覚めた。
 ダイヤの乱れを見越して、はやめに家を出る。
 そのぶん日課の筋トレをサボったのである。
 案の定、通勤電車は大混雑で。
 にもかかわらずリュックを背負って、ケータイに夢中になっている男がひとり、乗客の乗り降りをせき止めており。
 それはそれは聞こえよがしの舌打ちで、踏ん張って、仁王立ちなのであり。
 孤軍奮闘しておられるのである。
 なにをそこまでして死守するかと、あたしゃちゃっかりそのケータイの画面を覗き込んだのだが。

 
 RPG


 さもありなん。
 勇者であった。
 畏れ多くも。
 大剣を佩いて、跳梁跋扈をかます悪党どもを、魑魅魍魎どまんなかのモンスターを、ばったばったと薙ぎ倒しておられるのであった。満員電車で。周囲を威嚇しながら。
 繰り返す。彼は、


 勇者であった。


 誰しもが、少しでもスペースをつめようと、読書もケータイも遠慮しあっている真っ只中で、彼は、つまりは勇者は、液晶の大草原を死守しているのだ。
 そんなこんなで、どんなこんなか、ともかくも電車は終点につくわけだ。勇者もろとも。
 どどどどっ、と堰を切って乗客が溢れだす。
 と同時にどこからか男の声が上がる。
「だれか、駅員さんを呼んできてくださいっ」
 何ごとかと振り返るが、人の海に埋もれて現場はみえない。
 女の人の嗚咽が聞こえたような気がするので、ひょっとすれば痴漢か。
 されど勇者は、痴漢退治まではしてくれず…。


 朝っぱらから嫌な気分が続く。
 あたしなんざ職業がら、痴漢疑惑なんてものに巻き込まれたら一発レッドの身分である。
 だから、そういうのに人一倍神経をとがらせてしまう。
 なんせエロ屋だ。
 DVD屋である。
 職業を言ったところで取調べでは、
「ははん、すきが高じてつい、か」
 なんて、含み笑いをされるのがオチなのだ。
「さては、おまえの店は痴漢モノ専門店だな」
 と。
「痴漢潮吹き厳選集2もあんだろ」
 と。
 てか、あれはもう痴漢というよりレイプだし。
「そんなんばっかか」
 と。
 ばっかか、と言われたところで、まじめにウチの店の傾向を説いたところでなんになる。
「んなのよりもっとすごいのありますよ」
 なんて弁解では、信憑性が鼻毛の実ほどもないではないか。ましてや、
「プレイというよりもはや、オペみたいの」
 火のないところに煙は立たず。ばかりか火に油である。
 よっしゃ、こうなりゃ自棄だ。
 と、電車のなかで聴いていたi-Podを取り出しますわな。
 ごらんよ、ほらプレイリスト『美奈子』が再生中だ。
 それを朝からエンドレスで聴き続けているぞと。
 言わずもがな、あたしが選んだ吉田美奈子の傑作集だ。
 ベスト・オブ・姐貴だぞと。
 ようするに『歌う』とはこういうことである。
 これを聴きながらだ、そんなちまちましたせこいエロをやらかそうなんて、思えますかねと。
 どうですかと。
 よっしゃ、百歩ゆずろう。
 いやいや、この際だ、百万歩ゆずりにゆずって日本海へうしろ向きに落ちませう。
 姐さんのを聴きながらそんなことしたら、なにより姐さんにしばかれるね。
 なんならしばかれに行くね。あたしゃ。
 あのファルセットと地声の境界線の、情念青々とした絶妙な色気でもって、罵られるね。
 罵られたいね。いっそ。
 しばかれて、罵られて、
「結局ヘンタイじゃねえかっ」
 
 

 とな。


 妄想しているうちに、店についたのである。
 あたしゃケータイ勇者にはなれぬわい。


 ☾☀闇生☆☽


 基本的に、ティンパンアレー系の面々が参加したアルバムが、好物です。
 んが、近作では『EXTREME BEAUTY』収録の「星の海」。
 絶唱なり。
 ジャズ的なアプローチとしては『PONTABOX meets Yoshida Minako』。
 誰も隠しゃしないが、隠れた名盤かと。