平成二十六年葉月の章。

ナウシカに出てくる飛行艇のようなフォルム。 階段の踊り場の常夜灯に、夜通し恋い焦がれていたのでしょう。 羽を痛め、力尽きて、壁に張り付いてました。 ☾☀闇生☆☽

さて、ハンタが休載となれば、あたしにとって読むとこ無しのジャンプなのだが。 なんとなく執筆者たちの巻末コメントを眺めていたら、ONE PIECEを描いてる人が、松本大洋の『Sunny』を激賞している。 むろん鼻毛の先ほども異論はなく白旗あげて同意するのだ…

ブログ、ケント・ギルバートの知ってるつもり8/22 『朝日新聞へのアドバイス』 ↓ ああそうか。 韓国人にも恥をかかせている、という視点がありました。 あたしには、そういうやさしさがありませんでした。 1000年恨み続けるという、国際(社交)とも博愛とも…

こんだけ近づいても。 ☾☀闇生☆☽

元気でいるならば、それだけでうれしい。 とはいうものの、それはどっか上から目線のような気もしていて。 こっちゃ欲張りだから、当人持ち前の才能が外へ外へと働きかけていることに、刺激されるわけ。 そのコンスタントに出力できている状態を、継続を、な…

Brillia SHORTS SHORTS THEATER『夏祭り』&『ひと夏の恋』プログラム感想。 どちらがお勧めかを先に言えば『夏祭り』かな。 以下、ネタバレもちょっと含みます。 盆休みの最終日、久しぶりに横浜みなとみらいへ。 世界中のショートショート映画にこだわった…

暇を持て余して新宿へ。 西新宿のC&Cにてカツカレーを食す。 自分と隣のおっさん以外はすべて中国人の家族連れという少数派的環境でござった。 問題はこの中国人の団体さんではない。 隣のおっさんだ。 俗に「クチャ男」と呼ばれる、音響的に実に開放的な咀…

もういい、帰れ! と怒鳴られるの〜巻。 先方さんの要望で、予定の盆休みを一日だけ返上して派遣先の現場へ。 連休のための片づけと、その休日明けのための重機類の盛り替え・段取りに立ち会う。 相番というやつですな。 この現場では事務員としての契約なの…

もてないのは、もてる努力をしていないからだ。などと世間ではよくいわれる。 ごもっともだと思う。 なんせあたしゃモテない。 しかしそれは、そのために使うであろう労力に見合う見返りなのかどうか。つまりそこまでする価値があるのか、という損得勘定が根…

朝日新聞、慰安婦誤報 英文サイトに検証記事なし「お答えは、さし控えます」 zakzak by 夕刊フジ ↑ ああ、やっぱりか。 これからは朝日の取材への答えに窮した際にはこれ使えばいいのね。 「お答えは、さし控えます」 夏休み中のちびっこたち、 こんな大人に…

荒天の真っ只中、アマゾンで注文しておいた洗濯機が届く。 気持ちのいいお兄さんたちが土砂降りにもめげず、あらよっと、とばかりに威勢よく設置していってくれたのだが、給水用のホースが届かないことが判明す。 だはは。 いいっす、いいっす。自分でやるっ…

朝日新聞:慰安婦報道を検証 「強制連行」証言取り消す 毎日新聞 2014年08月05日 11時29分(最終更新 08月05日 13時00分) さて、どこまで顧みる(省みる)ことができるか、お手並み拝見です。 あの報道姿勢にあこがれて入社してきた社員によって次の世代、次…

ついにアマゾンにて洗濯機を注文する。 かつて姉夫婦が義理の親と同居する際に余ったのをくれた。 そいつが唐突に洗濯中にいや〜ん、いや〜んと奇声を発しはじめて以来、ずっとコインランドリーを利用してきたのだが、そうやって目先の出費を嫌っているうち…

長崎女子高生殺人。 同級生を興味本位に殺害した事件だけれど。 幼少期特有の、虫などの小動物を殺害する征服欲が、次第にエスカレートして犬、猫、さらに対象がより大きな生き物となり、ついには人を殺してみたくなるという過程は、数多ある快楽殺人犯たち…

工事にともなう伐採中、太い枝をチェーンソウで伐り落としていた職人が声を上げた。 おおっ、びっっっくりしたあ。 騒々しいエンジン音と振動に襲われるこずえの中に一羽、鳩がうずくまっていたのである。 どうやら巣を守っていたようで。 職人は追い払おう…