平成二十六年睦月の章。

☾☀闇生☆☽

☾☀闇生☆☽

キリン:チューハイ「カエルCM」中止 毎日新聞 この手のニュースが物語っているのは、子供と親とテレビの三角関係である。 子供にとってどちらが近いか、実はそれを保護者が自覚しているということの証左。 子供と親と学校でもいい。 子供と親とゲームでも…

現場の事務所のテレビで見かけたのだが。 タレントのYouが、恋愛観みたいなものを語っていて。 曰く、異性の前ではたぶん今後一生自分を解き放てない。 それより同性の友だちとか「おかまちゃん」とつるんでいるほうが楽だし、 気兼ねないし、 「そうそうそ…

徴兵制を忌み嫌いながらも、 徴兵制の下に育った男性アイドルには、ときめいちゃうんだな。 あの人たちってば。 ☾☀闇生☆☽

筋力がある方が表現の幅、可能性は広がる。 けれど、やたらめったらに鍛え過ぎてムッキムキになっちゃうと逆効果で。 それはあくまで見せる筋肉であって、芝居をする筋肉じゃないじゃんと。 表現には柔らか〜い筋肉こそが理想的なんだと。 それは力も柔軟性…

☾☀闇生☆☽

年越しそば、 なるものはその一年の事ごとを確かめ、あるいは反省し、締めくくる思いで食すのであろう。 しかし忘れてならないのは、そのそばが新年の初大便になるのだなあ、という。 出てくるときは新年なのだなあ、という。 未来の自分への。なんだろう。 …

『O JUN 描く児』府中市美術館にて 身体の疲労は週の頭からすでに限界を超えているのだが、無駄に休日を過ごしたくもなく京王線の車内吊り広告にあった美術展に出掛ける。 むき出しの鉄のフレームに納まったペイントティング群が、心地よい。 躍動する子供の…

北方謙三著『新 楊家将 血涙 下』PHP文庫 読了。 『三国志』『水滸伝』と併せて中国三大奇書とされるのが『楊家将』。 本作は北方版『楊家将』の続編にあたる。 時代は十世紀末の中国。 万里の長城の南、のちに満州と呼ばれる地帯「燕雲十六州」をめぐって繰…

箱根駅伝ファン、という人種がいる。 徳光さんも顔負けの熱狂でもって年始のあの中継を何よりも心待ちにしている人たちが。 あたしの友人にもひとり、居て。 高校時代を陸上部にささげ、長距離走界に精通しているから無理も無いのだが、あたしら素人には想像…

初日の出前。 手を合わせる人こそ少ないものの、そこは「お日様」「おてんと様」なんて日本語があるくらいだ。 理屈を差し置いて、あたしたちゃあの天体にありがたさを感受する能力を受けついできている。 普段はウォーカーと自転車野郎の行きかう早朝のサイ…