平成二十五年睦月の章。

このブログに感想をアップした東京ギヤマン堂の芝居『トウガタツ』。 上演劇場シアターシャインの2012年演劇奨励賞を受賞とのこと。 http://theatershine.com/award.html まあ、そりゃそうだろう、と。 知ったかぶっておこうかと。 思いつつ、こういった賞で…

信者、 と書いて 儲け、とするセンスとか。 ☾☀闇生☆☽

モノマネ芸人が、御本人登場にひれ伏して平身低頭という構図。 もういい加減古臭くないか? と、おっさんとして繰り返すぞ。 使い古されてないか? あれ。 ほんとに面白い? 予定調和的な。 なあなあな。 言わば政治的な。 やめろ、やめろ。 御本人あっての…

年齢確認ボタンに腹立て63歳レジ壊す こんな、事件になるほどのトラブルは稀だとして。 少なくは無いはずである。あの確認作業への苛立ちを覚える人は。 そうと知ってすこしほっとしてもいるが、まあ致し方もないと。 いまだにいるんだなあと。 人対人、とい…

昨晩は日勤後の夜勤。 今の会社に入って初めての夜勤。 あまりの欠員で頼みこまれ、しぶしぶ受けたのだ。 上京したてのン十年前に短期でバイトしてたときは夜勤専門だった。 今のところと違って、いい加減な会社で。 現場ごとのリーダーも曖昧で、 てか無く…

☾☀闇生☆☽

なんとまあ愛らしいことかと。 http://www.audio-technica.co.jp/atj/sc/movie/index.html やたら出てくるミニスカでロン毛の女の子が、めちゃくちゃかわいいのよ。 不覚にも軽く恋に落ちてもーた次第。 あなたもきっと落ちるでしょう。 作者がまず落ちてる…

いきるな。 の『いきる』には『生きる』という意味と『いきり立つな』での『いきる』という意味がある。つまり関西方面でよく使われる『いきんなや』=『熱くなりすぎるな』での意味だ。 つまりいきるとは、熱くなるということなのか。 温度を、体温をもつと…

上京してまもないころ。 求人誌にのっていた甘い文句につられて入ったのが英語教材を売る会社だった。 英会話スクールへの勧誘も兼ねていた。 つぶれたビデオ屋から入手した会員名簿や、有名大学の卒業生名簿を手当たり次第にあたっては、 「おめでとうござ…

以下、不謹慎をのたまう。 冨樫義博の漫画HUNTER×HUNTER。 その蟻編への批判でよく目にするのにこれがある。 人間を捕食する外来生物討伐のために使われた科学兵器『貧者の薔薇(ミニチュアローズ)』。 あきらかに小型核を暗喩しているこれを、人類最強のハン…

あのね、 相手が刃向えないのをいいことにふるわれる力というものは、ある種の陶酔を生むのね。 誤解をおそれずにのたまえば、双方に。 これ、つまりは権力ですから。 酒のようなもので、度を超せば泥酔する。 ともすれば暴走する。 権力は暴力と化す。 それ…

いわゆる『わけあり』商材をメインに扱う個人スーパーの店頭にて。 五歳くらいの男の子がベビーカーの番をしてた。 むくむくのブランケットに深々とくるまって、まるでたらこキューピーのように眠りこける赤ちゃんに、その小さなお兄ちゃんがそっとちょっか…

古典落語の『野ざらし』にはこんなマクラがつけられる。 その昔、東西の馬鹿の番付というのがあったそうで。 西の大関が「醤油を三升飲んで死んだやつ」というんですな。たしかにこれはお世辞にも利口とは言えない。 それに対する東の大関がなんと「釣りをす…

スポーツ用品店の駐車場警備。 ゲロ吐くかと思うほどの、寒さ。 近くにあたたまれる休憩場所もなく、 控室の事務室は手狭で居づらくて、 コンビニすら遠い。 持参した握り飯を冷えたまま、川辺でいただく。 切り株のデザインのコンクリートのベンチ。 休憩に…

☾☀闇生☆☽

なんでも、 おとそ気分で「あけおめ」と浮かれているのは退避生活を続けている福島の方々に失礼だという声があるという。 なるほど、と我に返る。 して赤面する。 けれど、連日働きっぱなしであるから、少なくとも個人的には、べつに浮かれてなんぞいない。 …

テーブルと椅子があって、二、三十人が昼食をとれるようなスーパーの従業員控室。 年末年始商戦の真っただ中ということもあり、昼時ともなれば精根すり減らした戦士スタッフたちが言葉も無くそこで飯を食い、束の間突っ伏して仮眠を貪ってはまた売り場へと戻…