平成二十七年卯月の章。

『ファンタスティックMr.Fox』DVDにて。 原作はロアルド・ダール。 監督はウェス・アンダーソン。 動物たちが『野生』の名にかけて、三人の農・牧場主を相手に繰り広げる食料争奪戦争。 リーダーを張るオス狐とその一家の物語をメインに、ストップ・モーショ…

俺 の 道 、とはつまり私道のこと。 私道はどこまで行っても私道なのである。 ☾☀闇生☆☽

ココマコムーン著『地球無期限の旅5』手製本

ココマコムーン著『地球無期限の旅5』手製本 はい。 というわけで、あたくし闇生がニヒル牛2で購入した旅本の紹介。 ラストを飾るはココマコムーン。 タイトルに『5』とあるように「超未来から来た、高次元で暮らしていた生命体『ココマコムン人』」であらせ…

平田真紀]著『レモンの島へ』手製本

平田真紀著『レモンの島へ』手製本 今回は新刊を二冊も持ち込んでいることに驚き。 あ。こっちも新作かよ。と見つけたときは、えも言われぬお得感でござった。 先日ここに感想を書いたもう一冊 『弱っていても行ける! 家からすぐの旅 2』 では『旅』という…

平田真紀]著『弱っていても行ける! 家からすぐの旅 2』手製本

平田真紀著『弱っていても行ける! 家からすぐの旅 2』手製本 で、二冊目だ。 いきなし『2』を買ってしまったが、『1』を買い損ねたので仕方が無い。 企画展の特設棚を見渡したけれど、見当たらないのである。 日をあらためれば補充されるのかもしれないし…

石川ある著『一泊二日のホーチミン ヒロカと2人旅』

快晴の多摩川沿いを一時間半、ウォーキング。 復路はジョギングにして汗を流す。 桜並木の下は羽虫がにぎわっていましたな。 なんかあの「お前ら、毛針のモデルにされてるぞ」みたいな虫でした。 むかし親父が渓流釣りに凝ってたとき、あんな毛針をつかって…

本日からニヒル牛2にて恒例の『旅の本展』が開催っ。 とうとう年内閉店が決定してしまったので、あの大好きな空間での開催は今回が最後と。 いい天気だし、 昼から出かけて、じっくり選んでこようっと。 ☾☀闇生☆☽

ファン・ホセ・カンパネラ監督作『瞳の奥の秘密』DVDにて アルゼンチンから良質な『大人の映画』が届けられた。 刑事裁判所を引退した男、エスポシト。 初老にして独身の彼は、リタイア後の長く孤独な時間を小説の執筆についやしていた。 舞台はブエノスアイ…

今年もプロバイダからバースデイメールが届く。 こんなおっさんすら忘れないでいてくれるのは、もはや機械だけなのであーる。 バースデイ特典のなんたらかんたらがあるらしい。 そんなのこれまで一度も開いたこともないのに、それでも毎年贈られる。 死んで…

デイミアン・チャゼル監督・脚本作『セッション』歌舞伎町 東宝シネマズにて 原題は『WHIPLUSH』。 鞭打ち、だそうな。 片や偉大なジャズドラマーを志す孤独な青年。 片やスパルタ式こそが天才発掘の唯一の教育法だと信じる鬼コーチ。 ジャズにかける二人の…

バガボンド 37巻読了。 農業を通じてはからずも『修行』をしていた武蔵。 つまり修行とは『剣』や農業などを極めるためにだけあるのではなく。 剣も農業も、その手段であり方法の違いに過ぎない。 目指す山頂は同じでも、ルートと手段と状況は、それぞれであ…

ジャン=ピェール・ジュネ監督作『ミックマック』DVDにて。 どこの大衆食堂にもある定番メニューではなく。 ましてやファストフードあるいはコンビニのそれのように、平均的な不特定多数を仮想して作られたご飯でもない。 ちんまりとした個人の専門店で食す…

予定の夜勤が、昼過ぎに中止となってしまった。 実際は中止ではなく、他の隊員が配置のニンゲンあたりに談判して無理やり入りこんだのかもしれない。 あたしゃ、あぶれちゃったのかもしれない。 年度末を過ぎて現場が減り、喰いぶちを求めた奪い合いが始まっ…