2008-02-14から1日間の記事一覧

旅に出る人。

かつて米国がベトナムでの傷を瑕(きず)として省みようとしていたころ。 たぶんその世情の反映なのか、アメリカ映画は暗かった。 ネクラでモテナイ青年だった。 決してそれを嫌って云うのではない。 むしろその逆。 そのアメリカン・ニューシネマといわれた若…