よってたかって。

 The Voice -Japan 妄想。


 深夜、しまい込んでいたCDをインポートしていく。
 つい『雪村いづみ スーパージェネレイション』に聴きほれて、手が止まる。



f:id:Yamio:20171223030622j:plain




 The Voiceでは、たとえば『When a man loves a woman』のような古い名曲を若い出場者が完璧に歌いあげて、審査員たちを唖然とさせるシーンがよくあって。
 あるいはJBとか、Marvin Gayeとか、むろんMJもよく選曲されている。
 このリスペクト精神が世代から世代へリレーされることで、名曲は名曲として育っていくのだと思う。
 育てていくのだな。
 よってたかって。


 雪村いづみが当時の日本の最高峰ミュージシャン集団キャラメルママ(のちのTin Pan Alley/林立夫-細野晴臣-鈴木茂-松任谷正隆ら)と組んだこのアルバムは、おそらくはそんなスピリットから発案されており。
 具体的には服部良一作品を『今』の音としてリスペクトしてみせようじゃないかと。
 結果、名盤となったわけだが。
 この後、スピリットは果たして継承されてきたのか。


 たとえばThe Voiceのようなオーディション番組で。
 東京ブギウギをこういうアレンジで歌い切ったら、かっっっこいいぜ。
 リズムが変わって英語になるところからすごいよね。演奏も、歌も。




 追記。
 となるとバックバンドが重要になってきますなー。
 この番組のカラーとして、露骨なカラオケはペケだろう。
 オリジナルとは変えたアレンジの妙も楽しみどころのひとつだし。
 やっぱお金がかかりますね。

 ☾☀闇生★☽