下から、上から目線でものを云ふ。

 なにかっつーと自身の活き難さをニッポンジンの所為にする。
 「なんでニッポンンジンてさあ」
 が口癖のお人がいる。
 てか、昔からまわりにたくさんいた。


 その気持ちわかるし、そういう素朴な懐疑や批判から改善や新しいことは始まるもので。
 んが、はたしてニッポンジンを語れるほどニッポンはおろか、諸外国や国際の隅々まで知り抜いているのかっていうと、はなはだあやしい。
 お国柄というのは、確かにあるのだろうけれど。
 すべてにあてはまるものなのかい?


 というより、
 ケービの現場でそれを夜な夜な無線で大上段にかまえて演説するのを聞かされていると、
 底辺だけに、
 負け犬の遠吠えにしか聞こえない。



 せめてユーモアか恥じらいをもって、のたまうべし。





 ☾☀闇生★☽