最初の猿。

 台風接近による大雨に降りこめられて。
 コンビニ・ワインをちびりながら自宅に籠城す。
 『2001年宇宙の旅』をアマゾン・プライムで鑑賞。
 何年ぶりだろう。


 道具(武器)を使うことで最初の『人』となった猿。
 いわずもがな『道具』と『言葉』と『火』を使うことが人間の始まりとされているわけだが。
 目の前の骨を道具(武器)として使うことができる、という気づきは『想像力』のたまものなのであーる。


 なによりまず最初に『想像』があったのだ。


 この映画で描かれるその気づきの瞬間は、やはり何度みてもドラマティックなわけで。
 という感受性を喚起するのも想像力なのだな。


 宇宙食のシーン。
 この映画では実際の料理や食材の代理として描かれている。
 んが、
 宇宙食オリジナルが生まれていてもおかしくないのでは、と。





 追記。
 猿人の役者たちの動きはやはり素晴らしいね。
 ところで、その猿人たちと一緒に群れている四つ足の動物は、なんというのだろう。
 本物を使っているよね。




 さらに追記。
 道具を使う動物はほかにもいるよね。
 蟻塚に枝を差し込んでなかの蟻を食べる猿とか。
 ラッコが貝を石で割るのとか。
 カラスも似たような行動をすることがある。
 やはり道具を武器として使い始めるところが重要なんだろうか。




 ☾☀闇生★☽