ハンタ再読。

 勝ち目のない敵とは戦うな。逃げろ。 



 そうだった。
 イルミが弟キルアを支配するために仕込んだ洗脳の趣旨は、保身だ。
 安全に。
 ただただ自分だけを安全に。
 そしてこうも言った、お前には友だちを作る資格は無いと。


 
 それは弟を溺愛するがゆえのゆがんだ愛情、独占欲かららしいのだが。
 あるいは弟の私物化を目的とした私欲ともいえるか。
 洗脳(声)はキルアの思考力をうばって「逃げろ」とささやきつづける。
 保身にひた走る奴に仲間や友だちなんぞつくる資格はないのだな。
 キルアはそれに気づいて洗脳のハリを自力で抜いた。












 はたして、この国に刺さったハリを我々は自力で抜けるときが来るのでしょーかと。





 呵々。






 ☾☀闇生★☽