イラナイモノタチ。

 現在の築地を愛おしいと感じるのは、どうやらあたしの感受性を構成するパーツのひとつ、廃墟好きの一面が感応しているらしく。
 さらにそれを九龍城やブレードランナー的に翻案して愉しんじゃう、みたいな妄想力も相まってのことで。
 つまりが他人事であるがゆえ。
 観光客気分がゆえでなのであーる。



 いかんいかん。



 廃墟。
 さてそこでほんとにお前が生活するのか、と考えると問題は違ってくるように。
 ましてや人が住めば廃墟ではないのだし。




 効率や合理化や衛生面といった文明的な事々は、文化的側面と両立するのが理想なのですがねえ。
 電線に緊縛された空に美しさを感じてしまう身としては、こまったもんだと。
 むう。





 ☾☀闇生★☽