身を保つ人。

 現場への常駐を義務づけられた代理人役を、定年した嘱託さんにまかせるケースが増えているらしい。
 あたしゃ、ちょいちょい出くわす。
 彼らには工程や予算をどうこうする権限までは無く、
 しかしそれでいて責任はある程度ひっかぶっているわけだから、大概において保身的になっている。
 すきあらば何かと人を減らしたがるし、そのぶん無理をさせる。
 これが不安全行動のもとになっていることが間々あるのだ。


 彼らより若輩であっても正社員のほうが権限があるせいか、決断力があり、前向きなのは確か。
 危険をおかして納期をまもろうとするよりも、安全をとる。
 そこに価値の基準が確定している。
 よって重要な案件はできるだけ正社員をつかまえ、言質をとっていくのが賢明だと心得ている次第。


 んが、
 現場に社員が滅多に顔を出さないとなると、こまっちゃうんだなこれが。
 のらりくらりと断言をさける嘱託さんに翻弄されて、へとへとになっちゃう。





 へとへとなんです。






 ☾☀闇生★☽