カチカン。

 この現場、楽ちんでいいだろ。
 とその人はいふ。
 うん。確かに楽だ。
 けど、楽しくはないとあたしは思ふ。
 労働としては楽ちんだが、仕事として楽しくない。
 仮にその拘束時間を楽しく過ごせたとしても、それは仕事を楽しんだのではなく、責任や労苦の軽さにたいする安堵にすぎないのではないかと。
 つまり、授業中いちども先生にさされなくてよかった、という受動的、消極的な安堵。
 かといって、なにも無理して火のなかに飛び込む必要はないのだけれど。
 1日は24時間だ。
 仮に最低でも職場に8時間いるとして、1日の1/3を安堵が占めるのももったいないと思ふ。
  




 楽だけど、つまんない。





 何もしなくていい、という自由はある。
 んが、それが同時に何もするなという束縛を兼ねている。
 それに気づいちゃったのね。
 あれ?
 のどかで静かでいいとこだと思ってたら、よくよく見てみると、ここ塀のなかじゃんと。







 ☾☀闇生★☽