張るか、張られるか。のあたま。


 頭を張る、とはつまり、大なり小なりのチームでリーダーをつとめるということであり。
 で大概の場合、頭がいればその手足もいるわけで。
 むろん小規模なグループならば、頭が甲斐甲斐しくも手足を兼任することもあるのでしょーが。
 効率良く回すのならば、どの現場でもサブリーダーなりの手元が要る。
 アシスタントが、要る。
 あたしゃ自身をこのアシスタント気質であると心得ている。
 指図や指揮をすることにおもしろみを感じていないのであーる。
 話がそれるようだが、映画やチームスポーツ、もしくはロックバンドのライヴを観ていても、意識するのは主役やストライカーやヴォーカリストではなく脇役やアシストやベースやドラムのリズム隊の方なのだ。
 そこにかっこよさを感じてしまっているのだな。
 だから自身が頭を張らなくてはならない場面に出くわすと、どうにも居心地の悪さを感じてしまうのだ。
 有体にいって、向いていない。
 それに頭というものは、勉強や努力だけでどうにかなるものではないでしょう。
 心は、経験と忍耐と研鑽で練ることができるとしても、それで人を動かすとなるとまた別の要素が必要で。
 状況判断や処理能力はアシストが優れていれば補えるとしても、うつわと、なにより人気ばかりは頭がもっていなければ。
 担ぐに足る人物でなければ。







 と、ここのところ無理に頭を張らされながら、闇生は考えているのであーる。
 やっぱ駄目だな俺、と。






 ☾☀闇生☆☽