読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

となりのこどく。


 夜勤。
 雪のあと。
 頭の芯が痛むほどの冷え込みなり。


 
 幸いと詰所がある現場なので、休憩中は本を読もうと考えた。
 しかしこの日の相方は空気を読んでくれなかった。
 文庫本とペンを手にとってページに目を落としてみせるだが、ずっと話しかけてくる。
 それも親しみをこめて。
 こちらに合わせたつもりなのだろう。自分の読書歴を披露してくれるのだ。
 くれるなら気遣いよりも静寂のほうがありがたい。
 本をたしなむなら、それくらいはわかって当然だろう。
 んが、
 彼はどういう本をあたしが読んでいるのか、あるいは好むのかはいっさい聞いて来ず、一方的に自分の趣味を投げてくるばかり。
 読書家なら孤独を愛するはずだ。
 そうでなければ本の世界に没頭などできないのだし。
 また、そうふまえればこそ他人の孤独を気遣えるではないのか。


 おまけに喫煙者であった。
 プレハブのエアコンがフル回転しているのに、換気扇のせいで一向に温まらない。
 嗚呼。
 




 ☾☀闇生☆☽