『ザ・クリーナー 消された殺人』感想。

 レニー・ハーリン監督作『ザ・クリーナー 消された殺人』DVDにて。


 主演はサミュエル・L・ジャクソン
 共演にエド・ハリス



f:id:Yamio:20161212032753j:plain




 殺人現場を専門とする清掃業を営む元警官トム。
 いつものように要請を受けて清掃をした、とある殺人現場。
 飛び散った血糊、肉片をかたずけ、特製の洗剤で跡形もなくぴっかぴかに磨きあげた。
 ところが、仕事を終えて担当署に問いあわせるも、そんな注文はしていないという。
 再度その物件をおとずれるが家人は、事件はおろか清掃の件すら知らないと。
 ただそこの旦那が蒸発していることが明るみになって事件となる。
 何者かにハメられ、殺人現場の証拠隠滅をさせられたと知る主人公トム。
 事件の真相は。
 犯人は。
 容疑をかけられ、自力で探れば探るほどに脅かされていく日常。
 はたして、犯人は。
 そしてその動機は。


 以下、感想。


 レニー・ハーリンの名前を懐かしくおもって、レンタルした。
 健在なのかな、と。
 そしてL・ジャクソンとエド・ハリスの共演である。


 構造的には、
 腐敗する組織のなかでひとり、正義を貫こうと孤軍奮闘するパターンに近いだろうか。
 『セルピコ』とか。
 ダーティ・ハリーにもあったような。
 そう考えると、世間での『いじめ』の構造との類似している。 


 んが、
 それはここでは置く。


 観客にこの映画をチョイスさせた決定的なチャームポイントは、まずこの『クリーナー』という職業だ。
 つまり、殺害現場専門の清掃業という特殊な業界への知的好奇心である。
 これがどう『映画的に』機能するか。
 問題はそこね。
 冒頭、この仕事の説明から始まるのだが、これにぐいぐい惹きつけられる。
 トムの語りで説明されていくその作業が、凄惨な殺人現場の映像とファンキーな音楽と相まってブラックな笑いを誘うのだ。
 そしてその語りが、同窓会で旧友たちにかましている営業トークである、というシチュエーションが面白い。
 ただ、惜しいのはその黒いユーモアがまったく持続しないこと。
 以降はシリアスなサスペンスまっしぐらとなってしまう。
 確かにその緊張感も魅力ではあるのだが、せっかくのチャームポイントの特異性が活かしきれていないと感じた。
 『並』のサスペンス映画の枠に行儀よくおさまって、それを越えてこないのである。


 同窓会のシーンにあった不良と皮肉の匂いが、そのあと消し飛んでしまうのはもったいない。
 足を洗った元ギャングが、まっとうな社会には受け入れられず仕方なくやっている職業、という設定の方が活きたのではないだろうか。
 そんな奴が警察の腐敗を突くと。







 ところで、L・ジャクソンも腹が出て。
 エド・ハリスは皴が増えても、きりっと締まってかっこいいね。



 ☾☀闇生★☽