くん。

 信州に嫁ぐ姉が突如、上京す。
 いや上京自体は前もって予定されていたことではあるのだろう。
 都内でひとり暮らしをする娘と休日をつかって遊んだろ、と。
 んが、ふと「あ。ついでに弟の顔でも見とくか」という思いつきでこの闇生、招集された模様。


 あたしゃそんな生来のおまけ風情なのであーる。


 子守りをした覚えもある姪っ子は、もうすっかり大人になっていた。
 同じ私鉄沿線に住みながら、これまで姉を通じてしか会うことはなかった。
 それも一、二度か。
 

 三人で新宿のカフェで飯を食い、タワレコで姪のお気に入りのバンドの新譜をプレゼントし。
 下北の古着屋などをぶらぶらした。


 翌々日、帰郷した姉からメール。
 姪っ子が、あたしのことをなんて呼んだらいいのかと質問されたという。
 ううむ。
 ふつうにおじさんでかまわんのだが、
 姉は「〇〇くんって呼んだら?」と答えたそうな。





 は。は。は。


 



 はたしてこの歳で、くん付けされちゃうのか。
 うん。
 そうですか。
 また会える日を楽しみにしておこうっと。






 ☾☀闇生★☽