ごった煮の魅力。

 肌の色はもちろんのこと、
 目、髪の色の違い、
 言葉や、外見や、文化の違いがごちゃまぜになっているところが面白かったのにね。
 昔のスターウォーズは。


 架空の人種が入り乱れていたあの感じから、近作は遠のいて。
 それにつれて世界観が狭くなっている印象がある。
 いまや重要な役どころはすべて実在の人種ばかりじゃないのかと。
 緑色の人とか、コーンヘッドな人とか、巨大なナメクジみたいなのとか。
 そーゆーの激減してません?


 比喩というスタイルで連想や想像のための余白をもうけ、観客の現実問題にリンクしようというのがファンタジーの醍醐味だと心得るのだが。
 それを観客が意識しているかどうかはともかくとして。
 最新作の予告を見る限り、別に宇宙じゃなくてもいいじゃんかと。
 普通に戦争映画でもやれよと、つい思ってしまうのだな。
 敵の所有する大量破壊兵器の情報をもとに、その設計図だかなんだかを入手する話でしょ?
 てことはエピソード4の前にあたる話だから、情報は嘘で、大量破壊兵器なんてどこにもありませんでした~的なオチにはできないのだろうけれど。こんだけふつうの戦争映画っぽいとつい妄想してしまうなあ。
 
 

 

 


 あたしらのいるこの世界なんて、ちっぽけなんだなあと。
 価値観て、いろいろだなあと。
 しかもあの一連の物語は宇宙のどこかの、はるか過去の話なわけで。
 そういう壮大さが、かつてはあったのにねえ。

 

 背景にすら映り込まないねえ。
 すてきな異人たち。
 


 
 




 ☾☀闇生★☽