荒天。
 某公共工事
 施工完了にともなう検査日。
 朝いちから開始の予定が、役所側の都合で急きょその30分前に「午後から」と変更される。
 対応の人員のほとんどが職人と警備員であり、彼らの大半が夜勤を控えている。
 遅くとも午前中にはおわる、という言葉で無理やり引っ張り出されてきたのであーる。
 まあ、その事情はともかく、30分前に変更って、どうよ。
 こういうの、民間では考えられないよね。
 一同、凌ぎようのない雨をカッパで耐えながら時間をつぶすはめに。
 安靴のなかは、ぐしょぐしょである。
 あまりに待機時間が長いので、いったん解散とあいなった。
 「午後から」の言葉を字義どおりに解釈した現場代理人は11時半に再集合と決定。
 んが、相手はお役所だ。
 12時~13時は、なにがおころうとも仕事をするはずがない。
 それはもう断固として休むに違いなく。
 仮に「13時から」と約束されても、それは13時から作業を再開するのではなくて、13時から動き始めるのがいわゆる「お役所仕事」だ。
 つまり、13時に役所を出発するということ。
 民間では考えられないだろう。
 一般社会でこんなことをやったら常識を疑われる。
 案の定、13時半ごろに彼らは姿を現した。


 ちなみに、別の現場にて。
 要件が済んでなお役人がうろうろしているので事情をきくと、早く帰りすぎるとまずいのだそうな。
 17時に帰る、という時間調整で彼らは動いている。
 16時過ぎに役所にもどると、ちょうどいい感じなのだそうな。
 それに付き合って、2時間以上も昼休憩をとらされたこともあったなあ。



 ま、
 そーゆーのにぺこぺこしなきゃならない現場というのも、なんだ。
 痛いよね。






 ☾☀闇生☆☽