語れ。

 縁あって、劇作もする役者さんに自作の戯曲を読ませてもらうことに。
 GWとはいえ、今年は夜勤がはいっていて、なかなかゆっくりとは読めなかった。
 なんせ戯曲である。
 上演台本である。
 言葉が声になって、役者が動いてこそのものである。
 小説をよむ以上に何倍も想像力をたくましくして、行間を読むわけである。
 完成品は、戯曲ではなく舞台の上にある。
 ホンには音楽もセットも装置も照明も無い。
 演技も無い。
 せめてものわきまえとして、音読した。
 よなよな奇声を発し、女言葉でつぶやき、ボケてつっこんで、哄笑した。
 戯曲の言葉は、音になってこそである。
 いや、音を書きとめた、と言い換えた方がいい。
 

 ま、


 ともかく、二度音読した次第。
 で、
 感想をしたためて送信した次第。
 表現者にとって、そして作品にとって無視ほどの害悪は無い。
 事なかれでかまされるおべんちゃらよりも、たちが悪い。
 なので、ずけりと書かせていただいた次第である。
 こうしたらよかったのに、という代案まで、ぬけぬけとのたまっておいた次第である。
 むろん、上演ではなくあくまでその台本にたいする感想なので、的外れなのだろう。
 んが、それはそれだ。
 その感想文の完成に半日も費やした。
 それが作り手に対する誠意だろうと。
 それくらいのカロリーは費やすに値するものでごさったと、上からのたまっておく。
 それに対して少しでも反発を感じてくれれば、なおよしと。
 まとはずれで、スルーされれば残念なりと。








 作品は、語られてこそ。
 
 

 ☾☀闇生☆☽