ドラレコは見た。

 横断歩道を渡ろうとしている人がいるのに、停止しない車とか。
 隘路をゆずらずに、そこのけそこのけで押し通ろうとする車とか。
 片側『交互』通行であるにもかかわらず、パッシングやハイビームで自分最優先をアピールする車とか。
 誘導を突破するのとか。
 救急車に進路をゆずらない車とか。
 先をゆずっても無表情で通るドライバーとか。
 仕事柄そんな「俺が俺が」ばかりを見ているから、こういうのに余計に感じてしまう。





 ロシアの心温まるドラレコ



 もちろん、こんな人ばかりじゃないのだろう。
 けれどわざわざ車をおりてご老人の横断をエスコートするなんて、見たことないよ。あたしゃ。
 それにしても、老人にとって車道の横断というのがどれほどのギャンブルかと。
 実際「ええい、ままよ」という感じで、横断をおっぱじめる人を見かける。
 車の流れに動体視力が追いついてないのだろうし、
 また、見えたところで身体が動かないという恐怖があるのだろう。
 だから左右を確認したところで、関係ないのだ。
 んで唐突に一か八かで車道に出る。
「止まってえ」
 と願いながら。






 足を怪我したことがある人は、よくわかるはず。
 彼らの恐怖感が。






 ☾☀闇生☆☽