再開と再会。


 ハンタ連載再開。
 明け方にジャンプを買ひに、いそいそと。
 いつもとは違うセブンに足をのばしてみる。
 のばしたところで他意はない。
 散歩がしたかった。
 外の空気が吸いたかった。
 めっちゃタイプの店員に鼻の下までのばしておったら、男だった。
 かまわん。
 ハンタが再開するのだし。
 所詮はてめえの胸だ。どきどきしっぱなしにしておく。


 ハンタ目当てで買ったジャンプである。
 他のページはすっ飛ばして、センターカラーへと。
 服を脱がせる間すらもどかしいと、互いをひっぺ剥がし合う遠距離恋愛のごとくにページを飛ばす。


 この展開、
 さながらゴルゴかと。


 ほんとに少年誌かと。
 異形の者すら出てこない。
 子供がときめく要素は、今回にかぎってはゼロなのではないのかと。
 もともとこの章はそういうノリで始まったのであるからして、覚悟の上ではあった。
 ええい、好きにやってくれ。






 巻末コメント。
 腰痛、よほどの重傷だったらしい。
 結局、手術はしたのだろうか。
 歯と腰はね、ごまかしごまかしで先延ばしにしていくと、どんどん悪化していくからね。心配です。




 ともかく、ここまで楽しみにしているのだ。
 一生に一度でもいい。
 他者にこれほどまでに愉しみにされてみたいものである。







 ☾☀闇生☆☽