読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


 夜、ケービの年下の先輩からショートメール。
 おそらくは彼からの最初で最後の自発的なメールである。
 就職が決まったとのこと。
 めでたし。
 派遣部門で同じ会社に勤めた経験から折々にメールを交わしてはきたのだが、話題はいつもこっち発進だった。
 若くして自他ともに認める中堅隊員でもあったので、そのままケービに染まってしまうのではと危惧していた。 
 んが、めでたし。
 出戻りにならないように頑張る、とのこと。
 しかし世の中にはブラック企業も多いし、また転職先がつぶれることも無くは無いわけで。
 そしたらまたケービでもやって次をさがせばいい、と再返信しかけたがよしておく。
 それは年寄りの冷や水というものである。


 めでたし。


 ☾☀闇生☆☽