自分の居ない場で、自分がどういう呼び名で扱われているかというのは、言われた自分への評価であると同時に、言った人間の品性やユーモア感覚や距離感やコンプレックスをあらわしていて、面白い。
 直接には「さん」「ちゃん」づけでも、当人がいないとなると呼び捨てだったり。
 普段は役職名で呼ばれているひとが、はげ、でぶ、ちび、おっさん、ズゴックといった外見で仕分けされていたり。
 はたまたギャツビー、ファブ、リセッシュなど、においで言われていたり。
 AKB、嵐、など趣味で言われたり。
 衝撃だったのは、常にアジフライ弁当しか頼まないジョシが「アジ子」と呼ばれていたこと。
 

 こういうのって、当人を前にしたとき、うっかり口に出てしまうからね。
 気をつけましょう。
 ただ、さん付けの苗字で呼び合う関係から、ニックネームや下の名前で呼び合う仲になるそのタイミングというのは、不思議な力学が働くもので。
 太陽にほえろの新米デカのように「今日からおまえは○○だ」と、無敵の目ヂカラの上司が決めてくれるわけでもない。
 タイミングも含めて、授かりもののような、気がする。











 追記。
 その「アジ子」の名付け親が「サバ缶」と呼ばれていることを、本人は知らない。




 ☾☀闇生☆☽