音。


 窓の外の虫の音が心地いいので、真夜中に散歩。
 原マスミの『ピアノ』が頭のなかに。
 蛙たちが騒いでいる田んぼのそばを過ぎ、
 終電を過ぎた駅前に向かってみる。
 誰も居ない路地にぽつんと立っている自販機の微かなモーター音、
 コンビニやマンションの室外機、
 松屋の店頭でじいじい言ってる誘蛾灯、
 千鳥足のよっぱらいの独りごと、
 街道に出れば、行き来する車の喧騒。
 スーパーの搬入口ではパッカー車のアイドリング。
 引きかえしてひっそりとした住宅街をぬって、
 駄菓子屋の店頭の自販機。
 踏切をわたる。
 背中に遠ざかっていく街道の音たち。
 かわって引き立つ自分の草履の音。
 アスファルトを撫で、
 下水のふたを踏んでガコンと鳴ったり……。

 
 そのどれもが、虫の音を背景にしている。
 音をサラウンドに意識して、その変化を愉しみながら歩いた。






 外気は暑くもなく、
 肌寒くもなく、
 Tシャツでいられるが、
 裸でもいられるよーな。
 
 


 ☾☀闇生☆☽