おっさんの手。


 50歳を過ぎて、同僚のいじめに音をあげて故郷に帰ったおっさんがいる。
 彼は逃げ帰ったかのように思われている。
 けれど、そうだろうか。
 ひとつの選択肢を選んだだけだろう。
 バイタリティの問題だ。
 よそへ移るというのは、柔軟で、しかも強くなければできっこない。
 ましてや彼は職人である。
 腕があれば、どこにでも雇い口はある。


 あたしゃ彼は故郷に帰ったんじゃないと睨んでいる。
 仕事は都会の方があるからね。
 帰ったということにして寮を出て、別の会社に移ってるよ。たぶん。
 ましてや引く手あまたの土建業界だ。
 したたかだったのだと思う。



 彼を知る人が言うには、小さいころからいじめられっ子だったという。
 仕事ができないわけではないけど、なんとなく周囲がからかい始めるらしい。
 けど、手に職を持つというのは、生きるための武器なんだ。
 どこにでも行ける。





 学生さん。
 いじめられてるなら、その群れの外にも世界があるということを意識しましょ。
 で、そっちのほうがずっとずっと広大だよ。
 けど、同じことをくり返す可能性もあるのだな。
 その広大さも、良く見れば無数の群れで構成されている。
 手に職つけよう。
 いきなり高望みはするな。
 手っ取り早く免許とるとか。
 エクセル極めるとか。
 どこ行っても通用する基礎固めなんか、身近にごろごろある。
 ねじりはちまきするほどのことでもない。
 扉をひとつあけるだけ。
 でどこにいっても他者とのコミュニケーションからスタートする。
 そこ大事。
 ほんと大事。
 挨拶、第一印象、大事ね。
 歳とってからでは、それをブラッシュアップする時間も環境も限られちゃうのだから。
 若さの利点は、猶予だけ。
 それを活かすかどうかは自分次第。
 磨けば磨いた分だけのびる可能性を持っているのが、あんたらの、なによりの強みだ。




 追伸。
 例の隣室。
 やっと入居者ができた。
 が、挨拶にこない。
 気配はあるのに、顔も見たことが無い。
 エアコンを取りつけて、その室外機を真下の住人の窓の下に設置したのだが、それも何の断りも無かったそうだ。
 転居してさっそく一番身近なところを敵に回しはじめている。
 着々と敵を作っている。
 ちょっとした優しさをケチったせいで、住みにくくしている。
 自分で生き難くしている。
 どこへいってもそれをくり返しているのだろうなあ。
 



 

 ☾☀闇生☆☽