芸人とは


 アーティストは政治的発信控えるべきなのか
 ↑
 この問題は、案外ふるくからある気がしている。
 おそらくは音楽家(ミュージシャン)が、芸術家(アーティスト)と呼ばれるようになったころからだったろう。彼ら作家の個人的信条や政治的発言が許容され始めたのは。
 その表現性質上かれらの『作品』は陶酔や熱狂を生みやすいく、そのほとぼりのさなかでそれらのメッセージを受信するのだから受け手は無防備だ。
 して、それに対する喝采は惰性的だ。
 なので、免疫力の弱い若い世代ほどそれらの扇情的表現や熱狂にころり、とやられる。
 そして、多くがそこで価値観の基礎を養い、そのまま育って大人になっちまうと。
 で大人になってギターかかえて、また誰かにそれを発信したりするのだな。
 

 むかし購読していたジャズ雑誌のライヴレポートにこんなレポート記事があった。
 某世界的ドラマーのライヴ。
 ドラマーの奥さんが日本人ということもあってMCのたびに彼女がマイクを握った。
 日本人である妻を日本公演の通訳として参加させるところに、観客は二人のなかの良さを確認し、あたたかく見守ったのだ。
 しかし、ステージが進んでいくと彼女は夫であるドラマーの通訳ではなく、次第に個人的な政治的見解を語りはじめたという。
 演奏より長かったというから、そうとうハラのすわった女であろう。
 当然、後日批難された。
 では、これがドラマー本人のマイクパフォーマンスだったらどうだったろう。
 観客は許容するのだろうか。
 


 音楽家(ミュージシャン)を芸術家(アーティスト)と呼ぶこと自体に抵抗を感じ始めて長いのだが、まあそれは良しとしよう。
 芸術なら、芸を見せろといいたい。
 芸とは、要は腕である。技術だ。
 演奏にしろ、歌唱にしろ、パフォーマンスにしろ。
 それだけではない。
 詩作技術にしろ、そうだ。
 芸を見せろ。聞かせろ。
 芸術家は芸人であってくれよ。
 いいたいことをそのまま垂れ流すだけなら、我々素人と同じ。
 うんこしたい。
 飯食いたい、のレベル
 そして、芸の作品とは、さまざまな解釈ができる余地があってこそではないのかね。
 接する人の数だけ解釈を生み出す、それでこそ作品でしょう。
 政権批判だのを演説やツイッターで言いきれてしまうなら、政治家にでもなっとけばいいのだ。


 技術に徹する市井の芸術家たちを見習え。
 パン屋が反核パンとか出すか?
 

 子供のころから信奉していたミュージシャンが、政治的発言を、たいして勉強もしないで、ただただ情にあおられて発信しているのに出くわすと、ほんとうに残念な想いにおそわれる。
 考え方の違い、とかいう以前にその表現方法の拙さに、げんなりするのだ。
 少なくともプロの表現者だろうが。
 字義通りのメッセージを字義どおりに叫んでどうすんだよ。
 自己否定になってっつぉ。
 歌いらねえだろ。


 



 少なくとも戦争反対なら、戦争をしている国に行って抗議しよう。
 核兵器絶滅をさけぶなら、核保有国に向けて発信しよう。







 芸には、ユーモア精神が不可欠なのよ。
 ○○死ね、とかいうには知性はおろか、ユーモアの欠片も、解釈の自由もまったくない。
 有体に云って、芸が無い。




 ☾☀闇生☆☽