生きてんの、めんどくせえ。








 すでに夏日が珍しくなく。
 手をのばせば届いてしまう一個建ての隣家の窓が解放されがちな状況をふまえて、この口癖は冬まではこらえていく所存。
 












 カスはカスとして、生きてくほかないわけで。
 今月のあたまくらいから、隣家から乳幼児の泣き声が、夜な夜なまぶしくまぶしくほとばしるわけでえ。。。。














 ☾☀闇生☆☽