その現場監督は週末だけ、夫婦で過ごすという。
 土曜の午後に奥さんを病院に迎えに行き、その日のために作ったレシピをもとにスーパーで食材をそろえ、ふたりで手料理を愉しむ。
 言語に障害を抱えることになったいまも、料理をするのが唯一の楽しみなのだとか。
 夫は60歳を過ぎてなお現場に寝泊まりするほどの激務の日々である。
 年金の支給まであと5年は働かなくてはならない。
 ふだんは犬とふたり暮らし。
 朝はスムージー。昼は玄米に雑穀米の弁当を自分で作って持参する。
 それで精一杯だろう。
 他人事だから言えるのかもしれないが、どこかうらやましく感じた。




 その仕合わせは、紛れもない。自前だ。



 ☾☀闇生☆☽