あ、そうそう。
 追記。
 通行止めで多いのが、もひとつ。


「こっちは行けないの?」


 と、別の迂回路はないかという質問。
 わかるわあ。
 『自分の頭で考えよ』教、というのを盲信している方々。
 自分の頭で考えよ、というのもまた他人の考えであるにもかかわらず、そう問わずにはおられない性分。
 あのね、用意した迂回路以上にショートカットな迂回路が存在するなら、そういうふうに案内するって。
 最短距離を。
 そりゃそーでしょーが。
 あたしたちもその方が楽ちんだもの。
 けど実際に歩いて、ネットでも検索かけたうえで道路使用許可を申請して、そのうえで迂回の案内してんのよ。
 なんでわざわざ二番目に三番目に短い迂回路を声を張り上げて案内しなきゃならんのよ。
 あたしたちだって、ここちよく通行してほしいって。
 できることなら通行止めなんかしたくないって。
 ましてやクレームの矢面に立つガードマンである。
 できるかぎり通行止めしなくても良い状況にすべく、職人たちに交渉するし、
 考え続けているし。
 ストレスなのよ、通行止めのガードマンってのは。ほんとに。
 いわれのない罵倒は浴びるし。
 無視されるし。
 丁寧にした説明は表情の無い顔で返されるし。
 

 こんなアホ臭い役割ない。


 ただね、例外はあります。
 私道を案内するわけにはいかんのです。我々は。
 あくまで公道。
 いや工事云々以前に私道への侵入は、あくまで自己責任でございましょ?
 てか、ダメでしょ?







 よろしくご了承くださいませ。



 ☾☀闇生☆☽