松本大洋『Sunny』第5巻。
 読了。
 読み終えるのがもったいなくて、毎晩ちょっとずつにしていた。
 ひとつのシリーズのなかで安定といおうか、停滞といおうか、毎度おなじみ感と言おうかそういうものを少しも求めていない。
 自身のウデと狎れ合いをしない。
 丁寧な洞察もその表現も、あいもかわらぬ松本節なのだが、それは自己模倣などでは決してなく、更新されつづける新鮮なものなのだ。
 クライマックスを、直接的なセリフにまかせていないところが何よりの強さで。
 いや、漫画ならでは、とはそういうものなのだろう。
 その本来掴みがたい何かを確信的な手ごたえとしているあたり、ゆるぎなき才能を垣間見てしまうのであった。




 見守っている。
 人物ひとり一人を、
 丹念に。
 その慈しみを、慈しめ。








 読めこのやろう。





 ☾☀闇生☆☽