雨粒を見事によけながら飛翔する虫たち。
 彼らの時間感覚は、おそらく我々人間たちのそれとはまるで違って、凝縮されているはず。
 つまり雨粒は避けられるほどにスローモーな落下をしているであろう。
 ……みたいなことを、かつて宮崎駿が発言していた。
 少年のあたしはえらく感動した。


 自転車での通勤中、しこたま目に飛び込んでくる虫たち。
 瞼のなかでもがいて、
 息絶えて、
 そのうちまばたきに潰れされて、体液がでるのだろう。
 おっさんのあたしは、目、かゆいかゆいだ。












 駿め。





 ☾☀闇生☆☽