珍しくこの日、若きヘビースモーカーTさんは2台の車に分乗する組み分けを『分煙』対応で考えてくれて、晴れて1号車を喫煙者組に。そして2号車をあたしを含めた非喫煙組にすることができた。
 前回、彼がそれをかたくなに拒んだのは、いったいなんだったんだろう。
 単に引っ込みがつかなくなったという若さゆえのことだろうか。


 にしてもだ、


 まったく、工事現場での非喫煙者というものは、マイノリティがゆえ、どいつもこいつもえーかっこしーである。
 現場の空気を考えて「俺は横で吸われてもぜんぜん平気」などとうそぶきやがる。
 これをつい「ことなかれ主義」と考えてしまう人がいるが、厳密にはそうなっていない。
 他人にことが無いようにするために、てめえのみが譲歩しているのだから。
 ことは大アリなのである。
 たしかにアレルギー反応を起こすほどダメではないだろう。
 んが、非喫煙者として煙は無いにこしたことはないだろう。
 しかも二人のドライバーがそれぞれ吸う人、吸わない人に分かれているのだ。
 同乗者も2対2で、使うのが3人乗りの2トントラックであることを踏まえれば、丁度3対3で割り切れる。
 ちょっと気を利かせて組み分けするだけで、双方ともにより快適になるのだから、そうしない手はない。
 それでこその「ことなかれ主義」ではないの?





 ☾☀闇生☆☽