日勤の指示が入らず。
 昼過ぎに確認すると他支社の夜勤現場に組み込まれることになる。


 某街道の表装舗装工事。
 規制がY字路にからむので片交もY字となった。
 片側一車線を零時まで。
 それから規制替えして対面を。
 自分はY字路の逆側の片交要員を務める。

 
 仕切りは、かつて別の舗装工事現場でご一緒したYさん。
 他にかつて営業にいたWさん。
 そしてTさん。
 彼は、自分が担当していた工事に、まだ新人として参加してくれたことがあった。
 彼もそれを覚えてくれていて、会うたびにそう声をかけてくれる。
 先方の注文は誘導員16名。しかしこの日は3欠。 
 規制を開始するや渋滞がひどく、バス会社からクレームをくらうことに。
 信号ダブル流しで対応して、23時前にはどうにかそれも解消。


 この日は冷え込みが厳しく、二重に重ねた靴下の間に使い捨てカイロを仕込んで挑んだ。
 ほかにワイシャツの胸ポケットにもカイロを潜ませる。
 この時期の夜勤の防寒装備は次の通り。


 上半身は長袖肌着のヒートテック
 ジャージ、
 ワイシャツ、
 その上に薄手の毛糸のセーター、
 会社から支給された防寒ベスト、
 制服上着、
 防寒着、
 トラチョッキ。


 下半身もまずはヒートテック
 ジーパン、
 そして制服ズボン。
 このジーパンの裾は靴下に入れてしまう。
 そして先にも記したように二重の靴下である。


 これだけ着込んでも耳と襟足、それから指先はかじかんでしまう。
 風などふこうものなら、ひょええええっとなる。
 首回りをネックウォーマーで保護する隊員もいるが、明らかな装備違反なので今のところ自分は避けている。
 それに覆面ガードマンに誘導されるのって、どうすか?
 手袋は規定の白手をするが、そのなかにふかふかの手袋をするのが主流かと。
 こちらも足と同様に、隙間に使い捨てカイロを仕込むことが多い。
 しかしこの日は片交要員である。
 誘導灯をにぎり、振り、無線のスイッチを感触をたよりに扱わなくてはならない。
 カイロをはさめば動作の邪魔になると考え、やめておいた。


 しかしまあ、他支社からの応援であるのに、よりによって片交をさせられるとはね。
 そう思ったが、仕切りのYさん自身、応援でうちらの現場にいらした時は、決まって片交をさせられていたのであーる。
 ひょっとするとそのお返し(復讐)かとも考えた。
 しかし、顔をみるや「ああ、闇生さんか」とこちらを認めるようなリアクションをなさり、そのうえで配置を決めておられたので、悪い気もしない。
 いや、というより、それで諦めがついた。
 つけるしかないでしょう。
 こちらの能力を把握した上での配置なのだから。

 
 04時10分規制解除で終了。
 街道を自転車でひた走って帰宅す。



 ☾☀闇生☆☽