裁判員経験者、8割「心の負担感じた」 初の精神的負担調査産経新聞


 精神的な負担もなく、人を裁かれたんじゃかなわない。
 またそのことになんの負担も感じない人が、人を裁くだなんてもってのほかだ。
 ましてや、その負担を国家が軽減してやるだなんてのは、どうしたものだろう。
 

「おかげで気楽に死刑を言い渡すことができました」


 それでホントにいいの?
 裁く側、裁かれる側、過去の判例、加えてその判断がのちの判例になる可能性を想像した上で、ホントにいいの?
 そこに生ずる心労、痛みこそが人の証しなんだよ。
 それを惜しんでどーすんの。
 裁く側が心を麻痺させてどーすんの。



 心に負担を感じなかった裁判員が2割もいる。
 そこが問題なのだ。


 果たして、心の負担はほんとにマズイことなのか。


 これもまた将来的にはPCかスマホからクリックパツイチで処理できるようになるのだろーか。
 負担なきよう。
 負担なきよう。
 ワタクシ心をケチってケチって、
 ツイッター感覚で、なんかのついでに、ぽちっとな。




 ☾☀闇生☆☽