休憩なしで働くことを美徳とするのは、別にいいさ。
 見上げたもんだし、勝手にしろだ。
 ただそれはあくまで自分個人で完結している範囲内でのことで。
 チームであり、あなたが仕切りである以上は、他者がそれに巻き込まれることを念頭にしてね。
 最低でも、そのノリをあらかじめチーム全体に周知せよと。
 心構えくらいはさせろよと。
 あれれ。昼なのに続けるのか。
 あれれ、このまま休憩無しなのか。
 と、区切りも終わりも見えずにただ付いて行かざるをえない側は、倍の不安感に襲われるのであーる。
 順路と距離と目標地点を知る人と、なにも知らされず闇のなかへと手を引かれて行く人の不安。
 終えてみれば「なあんだ、これだけのことか」ではあるのだが、大きいよー。この差。
 仕事の効率や能率や注意力にも左右するし。













 安心感を与えるのも、リーダーの義務だろうに。



 この日の先方は、
 「役所からの指定は『休憩なしの8時〜17時だ』」と嘘こきやがった。
 休憩なし?
 役所が労基に触れる指示をだす出さない以前の話で、そんなんつづけてたら事故おきるぞと。
 しょんべん、クソ洩らすぞと。
 終えてみればやはり「なんだこれっぽっち」だったが、連れ回されるわ、終わりは見えないわで、余計な焦燥感と脱力感に苛まれるの巻でござったわ。
 せめて一日の始まりにその日の目標、工程の全体像くらいは周知出来んのかね。
 付け足し、付け足しで「もう一カ所」、「あ。もう一カ所」って。
 どこまで続くのか、げんなりするわい。

 
 
 
  



 ☾☀闇生☆☽