担当現場。
 作業がなく警備の必要もないのに出勤する。
 なんでも中止の指示を出し忘れたとのことだった。
 まえにも同じようなことがあった。
 そのときはお人よしよろしく土砂降りの雨のなか、時間までずっと仮設事務所の前で立哨をつづけた。
 警備の必要がないのにである。
 なにかしら声がかかると思っていたが、何もなかった。
 こういう場合は早めに上がらされるものだが、それもない。
 ただときおり所長が仮設トイレを使いに事務所から出て来ては、ずぶ濡れのあたしを見て何事か笑って行くだけ。
 ああ、そういう連中なんだとわかったので、今回は詰所で本を読んでいた。ふてぶてしく。
 もう熟読したったわ。
 感情こめて音読したったよ。『ヴォイド・シェイパ』。
 もし動きがあれば、そのときそのときで対応すればいいのだから。
 すると仮設トイレをつかいに通りかかった職員がひとこと、
「楽しそうだな」
 んなわけあるかいっ。
 我慢大会である。
 



 んで、
 HUNTER×HUNTER再読メモ。
 


●29巻。
 蟻化したパームの能力『悲しい深海魚(ウインクブルー)』が本人から解説される。
 対象を右目だけで見て額の水晶に記憶する。
 でその右目を覆えば、左の視覚に水晶に記憶された者の現在が映ると。
 水晶のメモリーは三人まで。
 新たな記録があると、古いデータから順に消去されていく。


 蟻化するまえの能力では、この水晶を人魚のミイラみたいのが捧げ持っていた。
 あいつどうなったのだろうか。
 キモカワ(死語)だったよね、あいつ。


 ところで毎度毎度感心させられるのは、きちんと能力に制限を設けてあることだ。
 能力の長所を語った後「ただし〜の場合のみ」などとその条件が付けられる。
 いわばウルトラマンのカラータイマーの伝統ね。
 これがないとインフレになるものね。
 大切です。


●29巻。
 この巻のクライマックスはなんといってもゴンvsピトーでしょ。
 今後もきっと語り草にされる「さん」化でしょ。
 これはまさに今作最大の、作者の冒険でしょ。
 ところで、
 今回再読して恥ずかしながら初めて気付いたのだけれど、カイトって、喰われてないよね。女王に。
 五体揃ってるよね。
 ナックル&シュートに奪還されてきた姿は、ボロボロの継ぎ接ぎだらけながらも、ね。
 それなのに女王から生まれ直すと。
 ううむ。
 これはあれか?
 首ひとつにされたあと、ピトーはカイトのオリジナルの四肢を繋ぎ合わせて「作りなおした」というわけではなかったのか?
 首から下は女王へ献上していたと。
 頭部を基に、全体を復元していったのだと。
 あるいは頭部のみを献上していたのか。


 それにしても、ナックル&シュート組のカイト奪還戦が知りたい。
 構成的にはカットすべきところなんだろうけれどね。
 王が去った後の蟻塚に取り残されていたということなのかな?
 ピトーに飽きられて。





 ☾☀闇生☆☽