手製本、試作。
 ちょっち前進
 こいつがSample1号になってくれそうな気配を醸し出してくれている。
 んで、販売は建前で、立ち読みだけしていただければよろしいかと、思っとる次第でございます。
 にしても、先は長いなあ。
 なんせプリントアウトに時間がかかり過ぎるのだ。
 表紙作りは楽しいのに、
 紙詰まり、印刷ズレ、よくわからん印刷指令無視……、etc。
 ほったらかしにできないから、その間なんにもできないし。
 もうどうせならガリ版印刷にでもしたろか、と思ったり。
 思わなかったり。
 日がな一日、雨なので。
 ひとり籠って、そんなこんなの休日でしたと。
 さて、明日からはまた常駐現場だ。
 七月からは現場から抜いて派遣だという約束は、はたして守られるのでしょうか。
 常駐を無事に抜けて派遣に行けたとしても、先方さんの印象は悪いんだろうなあ。
 引き継いだ隊員さんに、悪口さんざん吹きこむんだろうなあ。
 それが社内に広まって、またしても穏やかな孤立かなあ。
 どっちにしても、ひとりはひとりであーる。







 ☾☀闇生☆☽