試作している手製本の表紙の細工のために、新宿ハンズへ。
 基本通りに板ボールの暑さ2ミリを購入。
 んが、風紋に見立てた麻ひもをボンドで貼るや、たちまち反り返ってしまう。
 やはりプラ性のボードにしとけば良かったと、反省。


 ところで売り場でコピックのセットを見かけた。
 昔、雇われ店長をやっていたころ、そのときのオタク系バイトさん×2に同じものをプレゼントされたことを思い出す。
 絵エ、書けねえっつのに。
 今になって値段を知ってびっくらこく。
 うわわわぁ。
 こーだに高価なもんを。あたくしなんかに。
 もったいねえ。
 結局、使いこなせなかった。
 いったいぜんたいなにを託したかったのだろうか。彼らは。


 ともかく、
 ありがたし。
 そして、すまん。




 ☾☀闇生☆☽