その言動はそのままに、
 人物をSD化しただけで、印象はまったく変わるもので。
 本質は変わらないまでも、
 いや、
 むしろ本質そのものが浮き彫りにされるのではなかろうか。
 大概において、それはもうカワイイことになるわけではあるが。
 してそのカワイイは、安易に表現できるおもしろさであるからして、漫画的表現のひとつとしてやたらめったらにコキ使われてしまう。
 しかしながらシリアスなシチュエーションにも、はたまたエロティックな場面にも効果があるわけであり。
 それはSDという抽象化が取捨した何ごとかを、観賞者の想像力が補おうとするあまりに生まれるリアリティで。
 視聴覚的なリアリティではなく、
 印象的リアリティに関わることなので、その感覚をおろそかにはできない。


 にしても、まわりっくどい書き方をしている。


 有体に言えばだ。
 ゲームの話をしたいぞと。
 たとえばスーファミ時代のヒット作が、DS用にアップグレードされることは間々あることで。
 たとえばFFのⅣとか。
 ほかにもいろいろあるでしょう。
 けれど、この逆のパターンは無いものかと。
 現在のゲーム事情に詳しくないので、あまりえらそーな事は言えないが。
 PS3だかXboxだか用に製作されたものを、あえてスーファミ時代の、粗いドットとぺらっぺらの2D映像にダウングレードしたら、どうじゃろかと。
 製作の手間暇はこの際、知らん。
 んが、
 Youtubeにアップされている数々の実況プレイ動画を見る限り、いまだにPS、PS2あたりのソフトが遊ばれている。
 しかも若いひとたちでしょ?あれって。
 少なくともリアルタイム世代ばかりじゃないと思うのだが。どうだろ。
 FFやドラクエの最新作。
 もしくは映像のリアリティさで売っているようなホラーゲームやらアクションものをダウングレードしたら、 ストーリーがより浮き彫りになりませんかね。
 どうすかね。
 キャラが、健気になりませんかね。
 たんなる『ノスタル爺』では片づけられないと思うのだ。
 なんでも、音楽もインディーズあたりでは、あえてカセットテープで売り出すようなことが広まっているという。
 センスいいなあ。
 クリアな音だからといって、それがその音楽にとっての正解であるかは別の話。
 ……ということとは別に、音楽を愉しむシチュエーションもまた、音楽であるという感覚。
 それは飯も、セックスも同じでしょ。


 わかりる?




 といったわけで、今日の闇生の手抜き弁。
 トッピングした缶詰は『タイカレーチキン イエロー』と『かつお大根』。
 やっつけっす。
 玄米とゆで卵と梅干は、不動のレギュラーっす。
 はい。色彩に乏しいっす。
 では、いってきまっす。



 追伸。
 嫌なこと、面倒なことごとも、脳内でSD化して再生すると、希釈されるよん。
 

 ☾☀闇生☆☽