「そんなこと言ってたらぼく辞めちゃうよっ? いいのっ?」


 その怒声には、現場が、引いたね。
 指示された段取りの順番に、不備があって。
 変更した方が効率がよいので、実行部隊の下請けさんがそれを提案した。
 その返しが、それだった。
 自分がいなければ、現場が回らないと思っていたのか、この元請け職員は。と一同唖然。
 仮にそうだとしても、それを何故下請けと派遣とガードマンに発するの。
 俺らに云われても……、といった困惑。
 勝手にどうぞ、のひと言を全員が堪える。
 どうせ代わりが来るでしょ、と目配せで無言の共感。
 だれも取りなさなかったし、止めなかったね。


 んなこた、上司に言え。
 発注元に言え。
 








 切れれば、周囲が引く。
 それをして我を通せたと勘違いする人がいる。
 そういう輩は「またキレるよ」を担保している。
 有体に言えば、引くことで周囲はそれを甘やかしている。
 そうやって生き延びてきてしまったのだろう。
 





 四十歳。
 正社員だといふ。

 


 追伸。
 よく「感情の起伏が激しい」などと、言ふ。
 けれどこの場合は起伏が「せわしい」というやつで。
 いるでしょ?
 突っ込まれてかっとなってすぐ「んだこら、アホが。お尻ペンペンペ〜ン」みたいなノリで返したものの、相手が紳士的な態度を崩さないと見ると、途端に面従腹背慇懃無礼なまでに明るい低姿勢を……、うん、なんだろう。
 やらかす。
 別にいいが、こういうのの下で危険作業をしなくてはならない人たちの状況が、つらい。
 



 ☾☀闇生☆☽