残業日にもかかわらず、帰宅後に飲んだのがまずかったのか。
 朝から腹の調子が、最悪である。
 それでも何かは胃に入れないと、と卵かけごはんだけは掻きこんだ。
 出勤し、もくもくと反復作業をこなすうちに、どんどん具合がわるくなってくる。
 胃が、むかむかしてくる。
 寝たい。
 昼休憩をうながす先方さんに、食欲がない旨うったえる。
 加えて『大』のお通じが、『小』のごとしでございますと。
 へんな病気にでも感染しててうつされても迷惑だから帰るべし、とのこと。
 頑張られてもかえって迷惑だからと。
 こちらも無茶を通すほどのゆとりもなく、お言葉に甘えさせていただくことに。
 ありがたし。
 自宅最寄駅まで帰ってはきたが、改札間際で口のなかが突如として酸っぱくなる。
 トイレに駆け込むや、嘔吐。
 嘔吐。
 嘔吐。
 あさの卵かけご飯が、正午になっても胃で足止めを食らっていたのを、知る。
 すまん。
 駅員さん。
 清掃員さん。
 かたじけなしだ。
 トイレの洗面所、詰まらせてしまった。


 すいません。


 嗚呼、歩いて病院に赴くも、午後の診察は三時からといふ。
 そのとき十二時半。
 ああ、寝たい。
 ちなみにノロを調べると、いまの医学では水分を取って安静にしているしかないといふ。
 今度の現場も汚物の巣窟のようなシチュエーションだからなあ……。
 


 とりあえず、この寒空で午後の診療を待てるわけもなく。
 自室で雨とラジオに耳を傾けつつ、ぢっとしています。






 ☾☀闇生☆☽