前の職場が唐突にTwitterをおっぱじめた。
 と思っていたらひと月もたたずに閉鎖だ。
 なんなんだよ、おい。
 余計なお世話の老婆心として、ただの告知板になりさがってしまっていたことは突っ込んどいたのだが……。
 HPの新着情報欄と変わらないのだ。
 もともと店舗ブログ自体も無理があって、それ自体が告知板だった。
 しかも今どき文責を明らかにしないのだ。無記名。
 Twitterでもその悪癖を通していたので、つい、忠告してしまったという次第。


 おおかた想像がつくのだが、
 店長が開設したはいいものの、あとは店員に「こまめに更新しといて」とぶん投げただけだろう。
 だれが余計な仕事をふやすか。
 しかも、機械的に新入荷情報を更新するのと違って、ネタを考えて、ときには取材して文章にまとめるわけでしょう?
 ナマっぽい血の通った言葉としてね。
 それは機械的にできる新入荷情報とは別次元ですから。


「○○入荷しました!!」

 
 だけで済むハナシじゃない。
 創作寄りの能力だから、できる人とできない人がいる。
 しかも苦労して書いたところで、店長はそれに対して無反応だもの。
 労力を認めないもの。
 だったらその時間、作業に費やすか、休憩でもしている方が楽しいだろう。
 ましてや、
 店長自身が執筆した記事に署名しないのだから、部下だってそうなるわな。
 あたしはひとり反抗してペンネームでやってましたけどね。当時。


 店に対して、商品に対して、商う分野に対して、
 スタッフがどういう愛情を持っているのか、 
 はたまた持っていないのかその姿勢が如実に表れてしまうから、やめたほうがいい。
 リーダーに率先垂範の気質が無く、店舗に対して主体性を持たず「勝手にイイ感じに動いてくれないかなあ」なんて考え方の店は、そんなのやめた方がいいのだ。
 たかだかスリーマンセル、年中無休の店舗経営でありながら、経営者特権で自分だけ半ドン、盆暮れ正月GW土日祝日を休日にしているようでは、スタッフに自発性など育つはずが無い。


 リーダーに向いていない。 


 ☾☀闇生☆☽