人形町散策。

















 なんの気なしにぶらりと降りて、
 あ。人形町末広の跡地でも拝んでおこうと、
 地下鉄出口の前の案内地図くらいには出ているだろうと。
 そう踏んだのだが、見つからず。
 調べてまた来よう。


 ふせっている間、
 頭痛のせいで、音楽すらも頭は拒否反応を示したのであった。
 おさえめにしぼった落語にどんだけ救われてきたか。これまで。
 思えば、共働きのもとで育った幼少時代。風邪と高熱でふせれば、母はいつも子もりがわりにラジオを点けっぱなしにしてくれて仕事に出かけた。
 手製の野菜ジュースがまずくって、こっそり流しに捨てたっけ。
 その野菜ジュースを飲み終えなくては次の市販のりんごジュースが許されず。
 西日のあたる部屋。
 夕暮れどきの子供相談室。
 地元局のなんだかださいラジオCM。
 天井の木目。

 


 ☾☀闇生☆☽