Rei harakami急逝。
 

 曇天の似合う音を。
 というか曇天の素敵を、押しひろげてくれたと言おうか。
 ……その曇天というのも心象風景としての空、ね。
 そんなこんなで気になっていた人のひとりである。
 細野さんの名曲『終りの季節』のカバーが、なんといっても鮮烈だった。
 なので、
 数ある細野さんのカヴァーのなかで、
 ゆるせる人の、
 ひとりとして記憶した次第である。
 あれは、突きぬけます。
 突きぬかれます。
 この『終り〜』のボーカルに示された、爽快になれきれない、或いはなりきろうとはしない暗さが、あまりにトラックにはまっていたので、全部自分で歌えばいいのにと。
 


















 ったく、
 なんか、みんなはええぞ。

 
  



 



 ☾☀闇生☆☽



 ガキ使の赤いウィンナーまで逝くのかよ。