その、
 いっこうに鳴りやまない大歓声に対してなのか、
 はたまた腰の下から執拗に煽りたててくる極上のベースラインに、なのか。
 男はその長い手で真っすぐに天を指してこたえるが、
 そのくせ顔はふせたまま、自らの足元をみつめて静かに微笑んでいる。


 わかっているよ。
 そのアツイ気持ち、ハートでちゃんと受け止めてるよ。


 ならびのいい歯が影のなかに白く灯り、
 同性さえも蕩かせる笑顔が、
 引きしまっているのがわかった。
 凛としたその立ち姿。
 やがて――、
 男は手を挙げたまま二度うなずくと、
 やおら踵を返すや、停車していた車列に誘導灯を振るのだった。


「おまたせしましたっ。お進みくださーいっ」


 とまあ、
 さながら矢沢永吉なのである。
 そのベテランケービ員さんは。
 かっけーんだ。
 文句なしにかっけーんだ。
 常に笑顔を絶やさず、
 なおかつ引きしまっていて、
 職人さんたちの呼吸を読んで、いそいそとお手伝いまでするのに、少しも媚びず。
 下卑ず。
 強烈なナルシズムもまた、周囲を愉しませるためにあるのだと。
 つまりが永ちゃんなのだと。
 ありえんよ。
 ケービ員であのたたずまいは。


 ちなみに、
 あたしも頑張って半日ほどまねしてみた。
 んが、
 ほっぺたがつりそうになった。
 どういう精神的な鍛錬によるのか。
 敬服に値するね。
 脱帽だね。
 気持ちのいい男、とはああいうことなのだね。
 

 にしてもだ、
 ときどきすごい人物に出会う。
 この仕事。
 本気で人材を探したいなら、
 ケービ員やってみたら、なんて思ったりするほど。
 会社ごとの社風にもよるのだろうけれど、
 リーダークラスのなかには、日雇いケービ員にしとくのがもったいないような人が、ちょいちょい居るのだ。








 夏の空に、
 キース・ジャレットのトリオものが映えるね。
 キースのピアノはむろんのこと、
 ゲイリーのペースソロの、あの透明感たらないよ。
 まったく。














 




 みんな今日もおつかれっ。
 なんであれ、乾杯でしめよう。





 ☾☀闇生☆☽