名曲『夏なんです』からしてそうなのだが、
 細野さんの、
 いわゆるトロピカル路線と呼ばれたあたりの名曲群。
 その曲想の基点として、
 暑さへのおおらかな肯定があると確信しているのね。あたしは。
 心頭滅却すれば火もまた涼し、
 という自己暗示でいこうぜ、ではなく。
 気力やらで暑さに立ち向かうという対決姿勢とも、ちがって。
 熱地獄の朦朧とは、ハイであると。
 拒まず、受け入れちゃうんだな。
 苦痛さえもね。
 

 んなこと言われたって、なぐさめにもならんよってか。
 なによりトロピカル路線のころとは時代がちがうし。
 暑さの質が違うのだ、とな。
 

 とはいえ、だ。
 んなこと言ってったってしょーがない。
 んでもって知ってんだ。あたしゃ。
 十年、二十年もたてば、
 たかだか夏の節電の労苦を、
 さながら名誉の負傷をなつかしむように、
 若い世代に語るのを。
 きっと笑って話せるだろうことを。


 ちと、かっこつけた。


 言葉は過去にはとどかない。
 それは過去からのみ、とどく。
 とどのつまり未来にしか届かないということで。
 届けられないということで。
 ならば、
 我々はこの経験からなにを言葉に換えて未来への土産とするか。
 それこそが問題なのであり。


 さらにかっこつけて、尻切れトンボである。
 ざまみろ。


 野田秀樹の芝居(贋作・桜の森の満開の下)に、こんなくだりがある。
 突然の夕立に襲われると、
 人々は右往左往して騒乱状態になる。
 ところが、
 軒下に駆けこんで雨からのがれると途端に笑い、


「いやあ、まいった、まいったあ」


 と得意げにそれを話すのはなぜだろう。
 それが不思議だと。
 けど、その不思議が人の強さでもあり、
 図太さなのでもあり。




 ……と、さらに背伸びしすぎて、
 ずっこけた。
 なので身の丈の話。
 ケービのバイトは毎日が初対面の連続。
 暑さは、会話の取っ掛かりとして、重宝するのです。
 
 
 ☾☀闇生☆☽