本日は、
 建売の基礎工事に伴う生コン車の誘導。
 だいたいが半日の作業なのでケービとしてはおいしい現場なのである。
 ところがだ、
 なぜか今回ばかり、はなから半日という発注をされているらしく。
 おギャラも半額なり。


 渋りだしたのね。


 帰宅して『エウレカセブン』の続きを観賞。
 レントンという主人公が、チームに無断で出撃してしまうくだりがある。
 案の定、それがもとで罰をくらうのだが。
 たしかガンダムにもそんなエピソードがあったかと思う。
 といってどれがオリジナルか、というハナシではなく。
 未熟な少年が他人を知り、
 友を知り、
 チームを知り、
 連帯を知り、
 その反作用として自分を知る。
 それらの延長として社会を感じていくという成長の過程において、
 回避できない通過儀礼なのではないのだろうか。
 あたしの場合、黒澤明の『七人の侍』を思い出すのだが。
 秀逸なのは、単独行動の描き分けがされているとこだろう。


 ときは戦国――。


 野武士の略奪から村をたすける七人の侍
 彼らは村人と団結していわば籠城戦を選ぶわけなのだが。
 野武士がつかう複数種子島(火縄銃)に苦戦を強いられてしまう。
 そこで剣の達人久蔵、


「ちょっと行ってくる」


 とだけ言いのこして、村の外へすたこらさっさ。
 一夜あけると久蔵は敵を減らし、種子島までうばって平然と帰還する。
 一同は賞讃するが、それをみて功を逸った菊千代は無断で敵陣へと。
 しかしこちらはリーダーに叱責されるはめに。
 菊千代は釈然としない。
 違いは「ちょっと行ってくる」があったか、なかったかなのだ。
 久蔵が言い残したのはたったそれだけだが、みなで見送っているので、了承という形になっている。
 帰還したあとは減らした敵の数もきちんと報告しているし。
 なんのことはない。よく言う報告・連絡・相談の報連相が成立してるのね。
 一見ぶっきらぼうではあるが、最低限のことはしているのだ。


 本業のエロ屋ではこれが徹底しないので、いまだに手こずってます。
 口頭、
 書き置き、
 メールと手段はいろいろあるのにねえ。
 身に付かないやつは、ほんと、身に付かないよ。
 俺俺原理主義というやつだ。
 ケービの方は、そもそもこれがないと成り立たないので、いやでも思い知る。






 ☾☀闇生☆☽